2017/07/15(土)    角銅真実ソロアルバム「時間の上に夢が飛んでいる」リリースライブ


開場: 18:30 / 開演: 19:00
前売: 2500円 / 当日: 3000円
 
Ticket
ご予約は出演者、または7th FLOORメール予約窓口にて承ります。
7th FLOOR メール予約: 6/8(木)〜7/14(金)(nanakaiyoyaku+0715@gmail.com) 
件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)、予約人数をご記入ください。ご予約の確認がとれましたら返信いたします。
ACT:


出演:
・角銅真実 と タコマンション・オーケストラ
角銅真実
古川 麦(guitar)、田中 文久(contrabass)、BUN Imai(percussion)、中尾 美羽子(electric guitar)、厚海 義朗(electric bass)、光永 渉(drums)

・Doppelzimmer
 
・夏の大△
 
BGM選曲: 葛城梢
 

角銅真実
長崎県生まれ、音楽家 打楽器奏者。
マリンバをはじめとする色々な打楽器、自身の声、身の回りの気になるあらゆるものを用いて、音楽といたずらを紡いでいる。
その形はインスタレーション、アートプロジェクトでの作品制作にも及び、演奏だけにとどまらない作家としての自由な表現活動を展開している。
ソロでの活動の他、2016 年夏よりバンドcero にてコーラスとパーカッションでのサポートメンバーとしての活動や、さまざまなライブサポート(Doppelzimmer,野田薫,古川麦etc…)、テレビ番組収録などの演奏活動、番組内の音楽やCM・映画音楽の楽曲演奏をはじめとするスタジオワーク、作曲家の新作初演・現代音楽をはじめとするコンサートでの演奏、ダンス作品や映像作品への楽曲提供も行なっている。
谷中HAGISO での個展とコンサート”なにかな?”(2015)のほか、越後妻有アートトリエンナーレ2015 ではレジデンスアーティストとして滞在制作を行なったほか、2016 ,2017 は東京都美術館で行なわれたTURN フェスにて同プロジェクト内で制作したサウンドインスタレーションの作品を展示した。
2016 年にはドラマーの石若駿の”Song book”に歌詞提供と歌唱で参加。
 
Doppelzimmer
ドッペルツィマーは山猫遥子(歌)と古川麦(歌とギター)の2人組。
 ​ボサノバデュオであったが、ここしばらく東欧・西欧の詩と民謡を収集・編集して演奏している。
過去に、ISSEY MIYAKE(ELTTOB TEP銀座店 )、青山のUtrecht/NOW IDeA、中目黒のHotel Claska、栃木県那須のArt Biotopをはじめ、各地のちいさなカフェやギャラリーなどでライブ出演。ファッションブランドCEPOの2012A/Wプロモーション映像の音楽を担当。
2010年5月25日、代々木上原のGALLERY NO.12から1stアルバム『Doppelzimmer』発表。
​​2013年9月14日、同ギャラリーから2ndアルバム『田園』発売。
 
夏の大△
大城真、川口貴大、矢代諭史の3人による展示/ライブパフォーマンスを行うグループ。
2010年大阪の梅香堂での展示「夏の大△(なつのだいさんかく)」を発端に、活動を始める。
 
大城真
音を出すために自作した道具、または手を加えた既製品を使ってライブパフォーマンスを行う。またそれと平行して音や光の干渉に着目したインスタレーション作品を発表している。
 
川口貴大(かわぐち たかひろ)http://takahirokawaguchi.tumblr.com/
1980.In2000年に生まれ、彼の関心は、特定の空間における音の構成に関する。彼は、音作りのオブジェクトを使用して記録された作品を発表してインストールを提示し、即興音楽の分野でも活躍しています。彼はソロパフォーマンス、インスタレーション、およびいくつかのグループを果たしています。

矢代諭史(やしろ さとし)http://www.ss846.com/
2003 年より自走するウーハーや自作の装置による展示や演奏を始める。同時期より東京墨田区の『八広HIGHTI』の運営などを行い始める。ドラムと動くウーハーのバンド『Motallica』などの活動も行っている。


<< 戻る