2017/11/15(水)    ニンニ×みうらかな共同企画「Casa #2」


開場19:00 / 開演19:30
前売2,500円 / 当日3,000円(1ドリンク代別)

*ご予約は出演者、または7th FLOORメール予約窓口にて承ります。
7th FLOOR メール予約:9/16(土)〜11/14(火)(nanakaiyoyaku+1115@gmail.com) 
件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)、予約人数をご記入ください。ご予約の確認がとれましたら返信いたします。
ACT:

LIVE: ニンニ / あだち麗三郎クワルテッット / エマーソン北村
DJ: KtJ
出店: アーソン珈琲店



ニンニ
ニンニ(ninny)は、東京カランコロンのドラマー・かみむー氏、王舟・kate sikora・ビイドロ・大森元気などと数々のセッションを重ねるオルガン・みんみん、345(凛として時雨、geek sleep sheep)とのアコースティックユニット「ti-ti.uu」など精力的に活動範囲を広げているギター・なるけしんごの3人からなるインストバンドである。
【Band Member】
オルガン:みんみん (twitter)
3月にリキッドルーム公演を行い、日本のSSWの若手筆頭の王舟をはじめ、kate sikora、ビイドロ、元残像カフェ大森元気など数々の音楽とセッションを重ねる。
ギター:なるけしんご (twitter)
ミュージシャンズ・ミュージシャンとしてアンダーグラウンドで独特の存在感を放っていた「もらん」の活動休止を経て、345(凛として時雨、geek sleep sheep)とのアコースティックユニット「ti-ti.uu」、灰野敬二の新バンド「The Hardy Rocks」、「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」のレコーディング参加とライブサポートなど、精力的に活動範囲を広げている。
ドラム:かみむー (twitter)
2015年中野サンプラザ、2016年日比谷野音を成功させ、J-POP/J-ROCKを進化させ続けるバンド「東京カランコロン」のメンバー。
2015年10月結成。
http://ninny.tokyo/


あだち麗三郎クワルテッット
あだち麗三郎のリーダーバンド。
あだち麗三郎は、片想い、cero、鈴木慶一、HeiTanaka、百々和宏、前野健太、寺尾紗穂、坂口恭平、GUIROなどでマルチプレイヤーとして演奏し、FujirockFestival ‘12には計4ステージに出演したり。メインは歌のソングライターです。
2015年早春、ほぼ初対面の人たちを集めてバンドをつくりました。
バンドというのは、メンバー自体が音楽であると思っています。不思議なもので音楽というのは人の組み合わせで良くなったり悪くなったりするのです。ぼくの持論で、メンバーを集めた時点でそこに著作権が発生してもいいのではないかと思います。それくらい大事なものです。そんな中、あえて直感だけを頼りにメンバーを揃えてバンドを結成しました。その行為自体がセッションのようなものであり、演奏であり、有機体であるし、社会でもあります。音楽を奏でるためにバンドがあるのではなくて、バンドがあるが故にここに「あだち麗三郎クワルテッットの音楽」があります。
あだち麗三郎(vocal,sax,banjoguitar)、谷口雄(key_from 1983,ex.森は生きている)、古川麦(trumpet,guitar)、河合宏知(Vibraphone)アポロン増田(bass)、内田武瑠(drums_fromショピン,BURGER NUDS)


エマーソン北村
キーボード奏者としてJAGATARA、MUTE BEATの後期に参加。ライブハウスのエンジニアやインディーレーベルのスタッフを経て1990年代から現在までの間に、忌野清志郎&2・3’s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、シアターブルック、キセルなど数多くの個性的なバンド・アーティストと共に活動してきた。幅広い音楽を理解した自由で的確な演奏とインディー/メジャーを縦横に行き来するフットワーク軽いスタンスが、世代を問わない幅広い層から支持を集めている。
「エマソロ」と呼ばれるソロ活動では作曲、レコーディング、ミックスのすべてを一人で行い、ロックステディ(スカとレゲエを繋ぐ1960年代のジャマイカ音楽)を基本にしながらも独特の風景が見える音楽を作っている。2014年にアルバム「遠近(おちこち)に」、2016年には自身によるエッセイも収録した「ロックンロールのはじまりは」をリリースし、音楽ファンに留まらない反響を得た。十年以上続くライジングサンロックフェスティバルへの出演をはじめ、古書店やカレー屋などあらゆる場所で、キーボードとリズムボックスを携えた一人ライブを行っている。
http://www.emersonkitamura.com/


<< 戻る