2019/08/22(木)    「stico presents The Dawn of Chapman Stick Vol.3!!! 〜stico meets フルカワユタカ~ 」

OPEN: 18:30 / START: 19:00
予約 3,500円 / 当日 4,000円(共にドリンク代別)

ご予約は7thFLOORメール予約にて承ります。(8/21まで)
下記アドレスに公演名・お名前(フリガナ)・予約人数をご記入の上、送信してください。
ご予約の確認がとれましたら返信いたします。
nanakaiyoyaku+822@gmail.com

ACT:
stico 
関根史織 (Chapman Stick)  / tatsu (bass)  / オータコージ(drums)
Geust:西田修大(g) 

フルカワユタカ
 
□ stico
関根史織 (Chapman Stick) tatsu (bass) オータコージ(drums) Geust:西田修大(g) stico(スティコ) プログレ通としても知られる、Base Ball Bearのベーシスト、関根史織が永年のトニー・レヴィン愛を結実させるべく、自らチャップマンスティッ クを操り、研究し、チャップマンスティックの新たな地平を切り開くべく結成したインスト・ユニット! 2018 RISING SUN ROCK FESTIVALでの単独パフォーマンス。Base Ball Bearの1stAL「C」のプロデューサーでもある、tatsu(レピッシュ)との セッションを経て、たまたま見に来ていた、オータコージ(曽我部恵一BAND/L.E.D/ベーソンズetc.)拉致し活動を開始。 2018年9月のセッションでは、いとうせいこう氏が飛び入りして、ポエトリー・リーディングを披露するなど、 すでに様々なミュージシャンからの注目を浴びている。 今回は、ほぼsticoのメンバーであり、中村佳穂、けもの、Ortance等でも活躍している、西田修大も参加!
https://www.facebook.com/chapmanstico


□ フルカワユタカ 1997年にDoping Pandaを結成し、2005年フロントマンとしてメジャーデビュー。 通称ドーパメイニアと呼ばれるファンから「ロックスター」の愛称で親しまれた。 4枚のアルバムリリースと全国ツアー、海外を含む数々のロックフェスに出演するなど、2000年代後半を代表するバ ンドとしてシーンを牽引。惜しまれながら2012年解散。 翌年2013年1月に渋谷クワトロで初のソロ・3daysライブを行い、11月にはソロファーストアルバム「emotion」をリリ ースし全国TOURを開催。 Base Ball Bear、LOW IQ 01でのサポートギタリストとして参加や、Charisma.COMへの楽曲提供など、活動の幅を 広げる中、2018年1月には3枚目となるフルアルバム「YESTERDAY TODAY TOMORROW」をリリース。 また、渋谷クワトロよりちょうど5年後にあたる、2018年1月28日には、ソロ活動5年×ミュージシャンキャリア20年の Anniversary企画とし、新木場Studio Coastにて初の主催イベント【フルカワユタカ presents「5×20(ファイブ バ イ トゥェンティー)」】を開催し、大盛況のうちに幕を閉じた。 そして2019年7月には、the band apart・ 原昌和、POLYSICS・ハヤシヒロユキ、 HAWAIIAN6・安野勇太、Base Ball Bearら盟友たちと作り上げたコラボ曲をコンパイルした、4枚目となるフルアル バム「epoch」をリリース! 8月からは全国14か所を回る全国ツアーの開催を予定。 自身のソロ活動はもちろん、楽曲提供仕事など、精力的に活動を続けている!
http://www.furukawayutaka.com/


<< 戻る