2020/03/21(土)    Jad Fair with Lumberob & Cushions Japan Tour ジャド・フェア&ランバーロブ&クッションズ ジャパン・ツアー2020

開場 6:00pm / 開演 7:00pm
予約 4,000円 / 当日 4,500円(ドリンク代別)

チケット発売/予約開始日: 2月1日(土)


イープラス:http://eplus.jp
7th FLOOR 電話予約:2/1(土)〜3/20(金)(15:00〜20:00 tel:03-3462-4466) 
スウィート・ドリームス・プレス(info.sweetdreams@gmail.com) 

*入場順について

イープラスにてチケットを事前購入いただいた方から、整理番号順にご入場いただきます。その後、その他の予約の方のご入場(来場順)となります。


ACT: ジャド・フェア(with ランバーロブ)、クッションズ、角銅真実、アキツユコ


2013年5月のジャド・フェア、テニスコーツ 、そしてノーマン・ブレイク(ティーンエイジ・ファンクラブ)の三頭ツアーから7年ぶりとなるジャド・フェアの来日ツアーが決定しました。しかも今回は2006年に敢行されたジャド・フェアの来日ツアーで各地の会場をあっと驚かせたヒューマン奇声ビートボクサー、ランバーロブを従え、さらにはランバーロブことロブ・エリクソンの新バンド、クッションズも帯同。ボディとネックを輪ゴム(!)で縛った特製エレキギターをビョンビョンと前後に揺らすフリーミュージックの伝道師、ジャド・フェアを中心に、ランバーロブ、クッションズとのスペシャル・セッションもお披露目します。1970年代にスタートした伝説にして生涯現役のハーフ・ジャパニーズを起点に、ダニエル・ジョンストン、ヨ・ラ・テンゴ、ティーンエイジ・ファンクラブ、パステルズらとの旺盛なコラボレーションで知られる千変万化のジャド・フェアの真髄をぜひご期待ください。また、クッションズはスウィート・ドリームス・プレスからデビューLP『Numb One』をリリース予定(会場先
行発売!)。こんなに珍奇なのに、残るのはオーディエンスの笑顔、笑顔、笑顔......。ここにしかない音楽の自由をお楽しみに。


角銅真実

長崎県生まれ、音楽家・打楽器奏者。 自身の声、マリンバをはじめとするいろいろな打楽器、言葉、身の回りの気になるあらゆるものを用いて音楽といたずらを紡いでいる。ソロ活動の他、ceroを始め、様々なバンド、アーティストのライブや作品に演奏で参加する他、ダンスや映像・各種CMへの楽曲提供・音楽制作など、作家としての自由な表現活動を国内外で展開している。2020年1月にサード・ソロ・アルバム『oar』を発表。

アキツユコ

作曲家。ジム・オルークが主宰するレーベル、モイカイ(Moikai)や米シカゴのスリル・ジョッキー、国内ではチャイルディスクや高円寺・円盤より数々の作品を発表。ゑでぃまぁこんのふたり+松井一平(TEASI、Malimpliki)とのバンド、わすれろ草の一員としても2012年にスウィート・ドリームス・プレスよりアルバム『みみくりげ』をリリース。その他、映画やアニメーションの映像作品にも楽曲を提供。幼少の頃に、テレビドラマや映画の効果音を自宅にあった電子オルガンで真似て弾く、ひとりSEごっこがはじまり、今に続いている。



<< 戻る